不倫して慰謝料請求をされたらどうしたらいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ある日突然、彼の奥さんから内容証明郵便で届く「不倫慰謝料請求」。

不倫の最中だけでなく、もう不倫の恋を終わらせてしまった後なのに届く時もあります。

普段滅多にお目にかからない内容証明郵便が届いただけでも動揺するのに、そこに記載されている金額を見てさらに狼狽する人がほとんどではないでしょうか。

「相手の奥さんの心を傷つけてしまったのは申し訳ないと思っているが、こんなに払えない…」

そんな時、借金をしてまで提示された慰謝料を払う事はありません。

しっかりと反省をした後、「自分が支払える金額まで」減額する方法を解説します。

慰謝料請求の流れと必要な心構え

まず慰謝料請求の内容証明郵便が届いた場合、通常は示談交渉となります。示談で解決しなかった場合「調停」「訴訟(裁判)」に発展します。

示談や調停で減額交渉が成立すれば良いですが、この二つは「ただの話し合い」のため、解決しないケースが殆どです。

どうにも話が進まない場合、「訴訟」によって裁判官より妥当な慰謝料を決定される事になります。

一番必要なものは、「反省」と「誠意」

「不貞行為(不倫)」というのは一方の過失だけで成立するものではありません。結婚をしている男性(もしくは女性)と浮気相手の両方に原因があります。

たとえ結婚をしている男性から不倫を迫ってきたとしても、「それを受け入れた女性も悪い」となってしまいます。

そんな時、「自分は悪くない!」と感情的になって話し合いをしたらどうでしょう。開き直っている人間の「減額交渉」を受け入れたいと思うでしょうか?

示談の場合でも、訴訟になってしまった場合でも、あなたの話を聞いて判断をするのは「人間」です。

まずは自分のやってしまった事を深く反省して、誠意を見せるべきです。

不倫相手は味方につかないと思った方がいい

不倫相手の奥さんから「慰謝料請求」が届いた時点で、殆どの場合、不倫相手(夫)が浮気相手の味方につく可能性はゼロです。

不倫をした夫が彼女(浮気相手)に少しでも同情などの気持ちがあるなら、妻が慰謝料請求に踏み切る前に何としてでも止めるでしょう。(話し合いをせず、勝手に奥さんが内容証明郵便を発送してしまう場合もありますが)

夫と浮気相手の両方に慰謝料を請求している場合は一概に言えませんが、「夫には請求せず浮気相手のみに請求している」場合、夫は妻の味方になったと考えるべきです。

「彼はまだ自分を愛しているはずだ」等の幻想は捨てましょう。

確実なのは、弁護士に依頼すること

強い心が持てない、心細い…そんな時は金銭に余裕があれば、弁護士に頼るのが一番良いです。弁護士に依頼をすると、「夫婦関係は元々破綻していなかったか」等の調査をお願いすることもできます。

不倫が原因で夫婦関係が悪くなった訳ではなく、元々うまく行ってなかったのであれば、減額交渉をする際に有効となります。

ただ、慰謝料も払えないのであれば、弁護士費用も用意できない場合がほとんどでしょう。そういう場合は自力で何とかしましょう。

少しでも力を借りたい場合は、無料相談を利用してみるのも良いかもしれませんね。

相手の要求例

 調停でも訴訟でも、「慰謝料を払わせるため」に相手方の要求が提出されます。従う必要のない要求例を挙げます。

自分の家族に慰謝料支払いを要求された場合

「被告本人に支払い能力がないのなら、その家族に支払いをさせるべき」と請求する原告(奥さん)もいます。借金等もそうですが、20歳を越えた成人の場合「当事者」以外の家族が支払う義務はありません。

あくまで「自分自身」の問題として片付け、「自分が支払える金額まで」減額交渉しましょう。

自分の持ち物を売れと言われた場合

「自家用車を売ってでも慰謝料を払うべき」と請求される事もあります。

自家用車に限らず、もしも「売れ」と言われたものが「ローン返済中」である場合、その物の所有者は本人ではなく「ローン会社」になります。

他者の物を勝手に売る事はできませんので、その要求に従う必要はありません。

嘘の証言をして減額をさせない場合は、陳述書も有効

訴訟に発展した場合、夫(自分の不倫相手)が「浮気相手の女性の方から一方的に誘ってきた」「別れるなら死ぬと脅された」等と嘘の証言をして減額交渉を受け付けない場合があります。

夫(不倫の当事者)と妻(原告)が結託して慰謝料請求をしている時や、結託している訳ではないけれども、妻を怒らせない為に夫が嘘の証言をする事があるのです。

そんな時、もしも彼と自分の間に関係者がいるならば、陳述書をお願いしてみましょう。

「妻の悪口や不満を度々言っていた」「被告に迫るような行為をしていた」などの陳述書が得られると、減額交渉がし易くなります。

裁判官は原告と被告の証言が食い違っていた場合、証拠品がない限りはどちらが本当の事を言っているのか判りません。そういう時、「第三者の意見」というのは思った以上に効力があるのです。

ただし、自分を有利にする為に嘘の陳述書をでっち上げるのはやめましょう。そもそも嘘の証言は刑法169条の「偽証罪」となります。

まとめ

 自力で何とかする場合、一番重要なのは「(不倫の当事者と面識のある)第三者の陳述書」になりますが、そんなものを頼める環境にない! という方は素直に弁護士へ相談した方が良いでしょう。

冒頭にも書きましたが「不倫は片方だけの過失で起こるものではない」ため、慰謝料請求をされてしまったら、どんな理由があろうともそれが0円になる事はありません。

慰謝料請求の調停・訴訟は心がぼろぼろになります。失恋してショックな上に、ある事ない事を言われ、最終的にはお金も支払わなければならなくなります。

そんな事態になる前に不倫はやめるべきです。

しっかりと反省し、もうそんな事は二度とやらないで下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*