五月病の症状から対策・治し方まで徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

別れや出会い。そして変化の多い四月。そして目まぐるしい毎日が過ぎ、少し落ち着いた五月。

なんだか急に気持ちが不安定になり、身体に不調を感じることがあります。こうなってしまうと、何に対してもモチベーションが上がらずに、上手くいかないことが増えてしまいます。

落ち着いてきた時期に急に感じてしまう不安定な気持ちや身体の不調は一体なぜ起こるのでしょうか。また対策や対処法はあるのでしょうか。

そもそも五月病って何?

春になるとよく耳にする五月病という言葉。五月になる病気?そもそも五月病って何?という人に、まずはその意味からお伝えします。

五月病とは、医学的な言葉ではなく病名ではありません。四月から新しい環境での生活がスタートした学生や社会人が、五月になると精神的に不安定になる状態の総称のことをいいます。

もともとは大学新入生が五月のGW明け頃から急に気力がなくなってしまうことから名づけられました。つまり五月病とは、五月になると流行する病気でもなければ、感染する病気でもありません。

五月になると心や身体に負担がかかりやすく、同じような状態になる人が多いことからできた一つの用語なのです。

これって五月病?その症状とは

では五月病になってしまうと、どのような症状が出てしまうのでしょうか。自分が五月病なのか診断する際の参考にもなるので、チェックしてみましょう。

心に表れる症状

まずは五月病になった時に心に生じる変化です。

  • 急に無気力になり何に対してもやる気が起きない
  • 常に不安を感じてしまう
  • 気分が落ち込んでしまう
  • 焦ったり追われたりするような感覚になる

このような不安定な気持ちになった場合には、それは五月病の症状が心に表れているといえるでしょう。

身体に表れる症状

続いては五月病になった時に身体に生じる変化です。心よりも身体の方が、自分で症状を把握しやすいかもしれませんね。

  • 腹痛・胃痛
  • 頭痛
  • 不眠・疲れ・めまい
  • 動悸・息切れ

このように身体に表れる症状は、心にかかる負担が大きくなった時の危険サインとなるものです。見過ごさずに、自分の身体の変化を自分で把握するようにしましょう。

五月病とうつ病は違う?

五月病は医学用語ではないことを先ほど紹介しました。では五月病で病院に行った場合、どのように診断されるのかというと「適応障害」「うつ病」という病名がついてしまうのです。

このような病名を言われてしまうと、なんだか大きな病気になってしまったようで、余計に悩んでしまうこともあるかもしれません。

しかし基本的には五月病とうつ病は違うものです。その違いとは、一過性のものなのか、長期的なものなのかというところです。

五月病は四月の環境の変化が原因であるため、自分で対処しながら環境に慣れることで1~2か月で症状は良くなります。夏頃には、仕事もプライベートもモチベーションを高く持ち直しているということです。

一方でうつ病は長期的に症状が出て、自分の力で治すことが難しいものです。心や身体に表れる症状は似ていますが、それが自分で対処しても全く改善されない場合には、うつ病である可能性があるでしょう。

つまり五月病とうつ病は似ていて非なるもの。しかし切り離して考えることのできないものといえるでしょう。その上で自分の症状や期間をしっかり把握するようにしてください。

五月病になってしまう原因

五月病になる原因はズバリ「ストレス」です!

四月に起きる様々な変化が自分のストレスになり、それが五月になって心や身体に症状となって表れてしまうのです。四月に起きる変化による感じるストレスには以下のようなものが考えられます。

  • 新しい環境で人間関係が上手に築けない
  • 新しい環境で自分の居場所を作れない
  • 新しい環境で目標が見いだせない
  • 新しい環境が自分の理想していたものと異なる

これらの「新しい環境」に頑張って馴染もうとすることが、大きなストレスとなってしまうのです。そして五月に入りGWがきたところで、この頑張っていて張りつめていた気持ちが切れてしまい、急に無気力になっていってしまうのでしょう。これが五月病になる原因です。

五月病になりやすい人

五月病は新しい環境に馴染もうと頑張る人が誰でもなるわけではありません。その中でも五月病になりやすい人には共通している特徴があります。

  • 完璧主義者
  • 人の感情や周囲の空気に敏感
  • 控えめで感情を出さない
  • 真面目で責任感が強い

このような人は、新しい環境の中でより頑張ってしまう人です。

  • 「きちんとやらなければいけない!」
  • 「絶対に成果を残さなければいけない!」
  • 「先輩に迷惑をかけてはいけない!」

このような感情が強ければ強いほど、それが出来ない自分にストレスがたまり、五月病になってしまうのですね。

五月病にならないための対策

五月病にならないためには、四月にどう過ごすのか!?というところが特に大切になります。この1か月の過ごし方によって、五月病にならずに過ごしていけるのです。

規則正しい生活を送る

環境が変わると、自分の生活のリズムも変わります。睡眠不足になったり、食事を抜いてしまったり・・規則正しい生活が送れなくなってしまうのです。

しかしこれらの不規則な生活は、身体にも心にも大きなストレスとなります。睡眠不足は疲れがたまり、脳の働きを悪くします。

また食事を抜くことで栄養不足となり、イライラすることも増えてしまいます。忙しい中でも睡眠と食事の時間は確保し、規則正しい生活を心掛けるようにしてください。

適度に運動する

適度な運動はストレス解消となり、心と身体をスッキリさせてくれます。

うつの症状とは、ストレスなどで脳内の神経伝達してくれるセロトニンの働きが悪くなってしまうことが原因となります。

適度な運動は、脳内のセロトニンを働かせる効果があり、これは抗うつ剤と同じような作用があるとも言われています。無理にハードな運動をする必要はありません。

ただ自分の生活の中で「一駅歩いてみよう」「寝る前に筋トレしてみよう」「休みの日にプールで泳いでみよう」と少し運動を取り入れてみてください。

四月に頑張りすぎない

四月に新しい環境になると、初めが肝心!ということで「より自分を良く見せたい」「より自分を評価してもらいたい」そんな気持ちが自然と強くなり、自分のキャパを越えた頑張りをしてしまうものです。

その気持ちはもちろん大切です。しかし、四月に頑張り過ぎて五月に無気力になってしまうのでは本末転倒ですね。四月は「新しい環境を見る」それだけで良いのです。

まだスタートライン。これから何が始まるのか、どのように頑張っていくのか、自分は何を目標にして何をしていくべきか・・。それらを少しずつ考えていけば良いのです。

焦る必要はありません。自分のキャパの中で頑張りすぎずに四月を乗り切る。それを一つ念頭において過ごすようにしてみましょう。

自分のストレス発散方法を見つける

ストレスがたまって爆発してしまうことで、五月病になってしまうのです。そのストレスが爆発する前に、少しずつ発散できるよう、自分でその方法を見つけておくようにしましょう。

ストレスとは、自分の思うようにいかないことや自分らしくいられないことが大きな原因となります。つまりストレスを発散させるためには「自分らしく」いられる何かを見つけることが必要です。

  • 友達と愚痴や悩みを語りつくす
  • 趣味に没頭する時間を作る
  • 一日中好きなことをして過ごす
  • 買い物をする

何をしている時が自分らしくいられるのか。何をすると自分のストレスが発散されるのか。それを自分なりに見つけておきましょう。そうすることで、ストレスがたまる前に発散させられるはずです。

新しい環境の中に小さな喜びや居場所を見つける

新しい環境で、「自分は何もできない」「自分は居場所がない」「目標も達成感もない」そんな「ないない」が自分に自信をなくしてストレスとなってしまいます。

しかし新しい環境で最初から自分に自信のある人なんていませんよね。時間をかけて作り上げていくものです。

自分を否定するようなことを考えることはやめましょう。新しい環境の中では、本当に小さな喜びや小さな居場所があれば良いのです。

例えば、新しい通学路には綺麗な花が咲いた道続いている。例えば、新しい職場には近くに美味しいランチのお店がある。そんなことで良いのです。

新しい環境の中でも自分が笑顔になれることを少しずつ見つけていけば良い。そう思いながら自分にプラスとなることを探していきましょう。

五月病になってしまった時の治し方

五月病の症状が表れてしまったという場合、五月病は病気ではないので薬があるわけではありません。しかし放っておいて良いものでもありません。

そこで五月病になってしまった時にするべき治し方を6つ紹介しますので、まずは自分でできる対処法を行ってみましょう。

五月病を認めて自分を受け入れる

五月病になってしまった人の中には、自分を責めてしまう人も多くいます。

  • 「なんでやる気が出ないんだ!本当にダメな自分!」
  • 「こんなに疲労感があるのは自分の甘えのはずだ!もっとやれる!」

そうやって五月病になってしまった自分に対してダメな人間だと責めてしまうのです。また五月病自体を受け入れることができない人もいるでしょう。これでは症状は悪化する一方です。

まずは五月病になってしまったことを認めましょう。その上で、そんな自分を受け入れてください。五月病になるのは、決して甘えでも弱さでもありません。

むしろあなたが真面目で一生懸命な人である証拠です。ここまで頑張った証拠です。そんな自分を自分が否定してはいけません。受け入れてください。受け入れることで五月病は改善されていくのです。

休める時にとことん休む

五月病の症状が出てしまった時は、まず無理をしないことが一番です。無理をした結果、五月病になったしまったのですから、そこに無理を重ねることは症状を悪化させることになります。まずは心と身体をゆっくり休めましょう。

何も考えずに横になって、テレビを見て本を読んで、そして好きな物を食べて好きなことをしましょう。休める時に休んで、今感じている無気力や疲労を回復させてあげてください。

完璧主義をやめる

五月病になりやすい人の特徴で、完璧主義者である人を紹介しました。何でも完璧にしようとするからこそ、完璧にできなかった時にストレスを過大に感じてしまうのですね。

完璧主義の人とは、自己評価が高い人です。「自分ならできる」「自分はもっと評価されるべき」そう思うからこそ、完璧を求めてしまうでしょう。

そこで一度、自分の評価を下げてみてください。新しい環境になったのですから、0からのスタートです。あなたもまだ0です。

  • 「できなくても仕方ない」
  • 「少しずつ覚えていこう」
  • 「まだ始まったばかり」

そう思うことで自己評価を下げて、完璧主義である自分をやめるのです。

そうすると思い通りにいかないことの多い新しい環境でも、大きなストレスを感じることがなく過ごしていけるようになるでしょう。

簡単なできる目標を設定する

五月病になると「自分はなんてダメな人間なんだ」と責めて落ち込んでしまうことがあります。そんな時には、まず自分が確実にクリアできる目標を設定してみてください。

  • 朝ごはんは和食をきちんと食べる
  • 会社には30分前に到着する
  • 1日5分筋トレをする

この小さな目標を達成するだけでも「達成できた」という満足感を得ることができます。達成できることを積み重ねることで、できない自分を責めるよりも達成できた自分を褒めることができるようになります。

なんでも良いので1日1つ達成できる簡単な目標を立ててみてください。

感情を言葉にして伝える

自分の気持ちを上手く言葉にできないと、それがストレスになっていきます。五月病の症状が出た時には、自分の中にたまっている感情を言葉にだして吐き出してみましょう。

もし人に言えるのであれば、誰かに聞いてもらうのが一番です。もし人に言えないようであれば、1人で家にいる時に言葉にするのでも十分です。

思っていること、悩んでいること、愚痴や怒り、負の感情も全て口から言葉に出して吐き出してください。それだけでスッキリします。

なかなか口にできない場合には、とりあえず紙に書いてみましょう。モヤモヤした気持ちを書いて、あとは丸めて破って捨てるだけです。これだけでモヤモヤが薄れていくはずです。

病院を受診する

五月病は病気ではないから受診ができない。ということはありません。もし自分で対処できない時には、医学の力を借りることも大切です。症状が重くなる前に病院を受診しましょう。

身体に出ている症状もありますが、五月病であれば原因は精神的なものとなります。そのため、受診するのは病院の診療内科です。

いつ頃からどんな症状が出ているのか、それを先生に伝えることで安心できます。またその症状により、それにあった治療法を受けることもできます。

五月病を一人で解決できないことに恥ずかしさなんて感じる必要はありません。頼れる人は頼り、頼れるものには頼る。それが早く改善させる方法となるのです。

五月以外にも五月病になることはある?

五月病と同じような症状が、五月以外に表れることもあります。「もう9月なのにこの無気力は何だろう?」そう感じることもあるかもしれません。

五月病は、四月に環境の変化があることで症状が出やすいことから名づけられたものです。つまり五月以外にこのような症状が出ることも、もちろんあり得ることです。

環境の変化や自分にとってストレスとなることがあれば、その時期に五月病と同じような適応障害となり、心や身体に負担がかかるのです。五月に多いというだけであって、一年中いつでもなり得る症状だということを覚えておいてください。

五月病を放っておくとどうなるの?

五月病は、通常1~2か月で治癒するものです。だんだんと新しい環境にも慣れ、自分でも対処していくことで、ストレスが軽減されていき、症状も緩和していきます。

しかし風邪と同じで、放置してこじらせてしまうと、自分の力では治癒できない病気となってしまうこともあるのです。

  • 新しい環境になってから3か月以上経過した
  • ここまで紹介した対処法を自分で実践した
  • 睡眠をとっても疲れがとれない
  • 食欲がなくだるい状態が続いている

このような場合は放っておいてはいけません。五月病が軽度のうつ病になってしまっている可能性があるからです。そんな時にはすぐに病院を受診するようにしてください。

病院を受診するのは勇気のいることですが、このまま放置すると軽度のうつ症状が重度になってしまうこともあり得ます。五月病は放っておかない!きちんと向き合う!これを覚えておくようにしましょう。

まとめ

人は新しい環境に適応するために時間も労力も使います。それは当たり前のことです。

大切なのは無理をしないこと!自分の心や身体に常に耳を傾けて、自分らしく新しい環境に少しずつ適応できるようにしてみてください。

五月病はいつ誰がなるかわからない症状です。明日は我が身。無理せずに過ごしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。