人生を後悔しない生き方のポイント4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「後悔」は後で悔やむと書きますよね。過去の選択に後悔している方だったり、現在進行形で後悔している方だったり、内容は様々ですが、後悔なんかしたくありませんよね。

しかし、後悔という選択をしてきたのは全て自分自身です。自分自身のことですから後悔しない選択も充分にできるわけです。

そこで今回は、後悔しない生き方を4つ紹介したいと思います。

いろんなことに挑戦する

「これは自分にはできないから」と決めつけていませんか?失敗することを恐れて挑戦することから逃げていませんか?最初からなにごともできる人なんかいませんよね。

「どうしたらできるかな?」と考え方をすこし変えてみてください。挑戦してみようという心がけが大事です。子供時代、なにごとにも失敗することを恐れず、無邪気に挑戦していましたよね。

それが大人になり、身の程を知ると、人は諦める傾向があります。そうならないためにも「どうしたらできるんだろう?」という思考を忘れないでください。それで失敗したとしても、それは必ずあなたの強みになります。

自分に無頓着

「健康に無頓着」「私生活に無頓着」「金銭面に無頓着」など様々ありますが、自分には無頓着になりがちですよね。自分に無頓着な人の特徴は、物事を中途半端に終わらせるという特徴があります。

中途半端で終わるということは、その先には後悔が待っています。しかし無頓着な人は悪気があるわけではありません。「やらなきゃ」と考えてはいるものの、いつの間にか忘れちゃっています。これも無頓着な人の特徴です。

無頓着なことでメリットもありますが、デメリットの方が圧倒的に多いです。

例えば会社に勤めていて、上司に○○やっといてと頼まれ、今の作業があるからあとにしようと考えれば、すっかり忘れてしまうかもしれません。「無頓着」ということはこれだけの危険性があります。

ですから、無頓着にならないために日頃から自分としっかり向き合ってみてください。自分自身としっかり向き合わなければ、自分自身が損していることにも気づけません。しっかり向き合うことで自然と後悔も減っていくことでしょう。

他人の目を気にしない

日本は他人からどう見られているかを気にする「恥の文化」です。

よく、周りからの目を気にしたり、周りからの評価はどうなんだろう?と考える人多いと思います。評価を気にすることで、自分がやりたかったことができなかったりします。

「失敗したら周りはどう思うかな?」と気にしてしまい、結局自分のやりたかったことができなくなってしまい、後々後悔しますよね。

しかも、周りからの目を気にすることは非常に疲れます。まずは自分がどうして周りの目を気にしているのかを探ってみてください。

その原因はいろいろあります。過去に周りから馬鹿にされたなど、そういうことで自分の可能性が押し潰されています。

ではどうしたら他人の目を気にせずにいられるか。その方法は、ありのままの自分でいることです。

どうしても他人の目を気にしてしまう人は背伸びをしがちです。ありのままでいることによって、最初はできなくて当たり前と思えます。

そして、周りはみんながみんな自分が思っているほどあなたを馬鹿にしたり、笑ったりなんてしていません。思い込みから悪循環をつくっていることもあるので、「周りは自分のことなんか見てないか」と割り切って考えてみてください。

後悔しないために自分を変える

最初にも書きましたが、後悔をしてきたのはすべて自分の選択です。これ以上後悔しないためにも、後悔しない選択をするように自分を変えていきましょう。まずは自分のことをよく理解してみてください。

やりたいことを失敗するのが怖くてやらなかったとき、後々「どうしてやらなかったんだろう」と後悔します。その失敗という、固定観念を変えることが自分を変える秘訣です。

失敗とは、誰かが決めるものではありません。自分自身が失敗したと思い込むことで、「失敗」と脳で処理されてしまいます。自分の思い込みで、ネガティブになってはいけません。

また「失敗」という意識を持つことは大切ではありますが、それに振り回されてはいけません。そうすることによって、物事をより良い方向に持っていくこともできますし、自分自身が変わる原動力となります。

そして、「失敗は成功のもと」というように、失敗から学ぶことはたくさんあります。失敗したとしても、原因をしっかり考え改善すれば、必ず成功へと繋がります。

まとめ

人間生きていれば、一度は後悔する機会がででくると思います。

これ以上後悔しないためにも、すこしづつでも自分を変えていったり、自分に気にかけるようにしてみたり、すこしづつの努力で後悔しない生き方を自ら築きあげることができます。

挑戦するということはとても大切です。他人の目を気にせず、失敗に恐れずチャレンジしてみてください。そうすれば後悔はなくなることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。