「人生うまくいかない」原因と人生がうまくいくための3ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌な出来事が重なると「どうしてこんなことばかり起きるのだろう。人生うまくいかないなぁ」という気持ちに囚われてしまい、なかなか前に進むことが出来なくなります。

そんな毎日から脱け出して毎日を軽やかに過ごしたいと思っている方へ。考え方や解釈を変えて人生うまくいかない状態を好転させる対処法を紹介します。

人生うまくいかないと感じたときは立ち止まろう

人生は良いことばかりが起きるわけではありません。当然うまくいかないこともたくさんあるでしょう。

「人生、谷あり山あり」と頭でわかっていたとしても嫌な出来事や辛い事が続いてしまうと、「もう無理・・」そんな気持ちに囚われてしまいますよね。

こんなとき、なぜ「もう無理」という気持ちに囚われてしまうでしょうか。

「○○しなければいけない」「○○であるべきだ」という思いに駆られるほど、人は強迫観念が働いてしまうのです。「もう無理」と思った時は、あなたが頑張りすぎている証拠なのかもしれません。

そんな時に無理をして走り続けても良い結果は生まれません。「もう無理」と思ったときは1度立ち止まってみませんか?

周りから何を思われても気にせずに、1度立ち止まってこれまでの人生と自分の思考に向き合い、整理をしてみましょう。

人生うまくいかないと感じる原因は、自分の捉え方?

物事の見方や解釈を変えていくことで、今までと違う自分の在り方が見えてくる可能性があります。人生に起こる出来事ひとつひとつに意味はありません。

「え、出来事に意味はないの?」と思った方もいるのではないでしょうか。例をあげて解説します。

2人の人に同じ出来事が起きたとしましょう。この時、Aさんは「この出来事があってよかった」と解釈し、起きた出来事に対して前向きな捉え方をしました。

一方のBさんは「こんなことが起きるなんて本当にもうイヤ」と、否定的な解釈をし起きた出来事をイヤな事と意味づけをしました。このように、出来事に対して解釈と意味づけをしているのは自分自身なのです。

人生をうまくいかせる3ステップ

出来事に対して、肯定的側面を見ているのか、否定的側面を見ているのか、意味づけと解釈をしているのは自分なのです。

したがって、自分の意味付けの仕方を肯定的にすれば、人生ももっと素晴らしく見えますし、人生がうまくいく方向に好転していきます。

それでは、ひとつずつステップを紐解いていきましょう。

1.自分の思考パターンを知る

まずは自分の思考パターンを整理してみましょう。

どんな時に失敗と感じているのか、どんな時に嫌だと思っているのか何が好きなのか、など自分と向き合って答えを出します。

そのとき、以下のようなことが分かってくると思います。

  • 「こんなことが起こる時は同じようなパターンになった」
  • 「こんなことが起こったときは楽しかった」

人はそれぞれ思考パターンがあります。そして、その思考によって現実に起った出来事に対する解釈はそれぞれ違います。

まずは自分がどんな時にどういう解釈をするのかを把握しましょう。

2.失敗した経験や嫌な出来事をリストアップをして向き合う

何が嫌だったのか、何が失敗だったのかをすべてリストアップしてみましょう。頭でいろいろ考えると思考の整理がつかずに失敗と上手く向き合うことができません。

リストアップすることで思考の整理が付きやすくなります。失敗したのはなぜだったのか、本当はどうしたかったのかなど、全てリストアップをしていくことで、失敗から成功へのヒントが見えてきます。

具体的な例を見てみましょう。

①「告白したけれどうまくいかなかった」→「なぜうまくいかなかった?」→「あまり話したことがないからという理由で断られた」 →「恥ずかしがらずにどんどん話しかけて自分を知ってもらえばよかった」

②「うまくいきかけていた契約が最終段階でダメになってしまった」→「ダメになった理由は?」→「コスト面が先方とあわなかった」 →「もっと密に打ち合わせをして交渉するべきだった」

失敗経験をリストアップしたうえで、そこからどんどん掘り下げていってみましょう。ヒントが見えたら、成功への道筋もリストアップしていきましょう。

3.失敗があったからこそ良かった出来事を探していく

失敗をしたことで良かったと思える出来事を探してください。どんなことでもいいのです。

もしも、あなたがどんなに探しても見つからないよ!と思ってる場合、残念ながら今は未だまた同じ失敗を繰りかえしてしまう可能性があります。

大切なことはどんなに嫌な出来事からも「学ぶことが出来た、あの出来事があってよかった」と感じ、解釈していくことです。出来事に意味はありません。

どう意味づけして解釈していくのかは自分自身で決めているのです。もしも、失敗から良かったと思えることが見つからない場合、同じような出来事が起きた時、あなたはまた同じ解釈をしてしまう可能性があります。

今は見つからなくても、あきらめないでください、時間が経てば見つかる可能性があります。時間が経ったときにまた同じことを自分に問いかけてみましょう。

まとめ

人生に起こるすべてのことは私たちへ気づきを示してくれるギフトです。

どんな出来事が起きても肯定的な面をみる癖をつけたり、どんな嫌な人でもいい部分を見つける思考を身につければ、あなたの人生は180℃変わった見え方や在り方で過ごしていけるはずです。

目に見えるものだけに囚われず、自分自身の解釈を変えていけば、本当にしあわせを感じる毎日が過ごしていけるようになっていくのです。そして、きっと人生がいい方向に向かっていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。