人生を変える!人生を好転させる5ステップ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人生を変えたい」と思っている方は多いと思います。しかしなかなか難しいですよね。

どうやったら人生を変えることができるのか?いきなり宝くじに当たって人生変わるなんてことが起こったらハッピーかもしれませんが、なかなかそうはいかないものです。

そこで、誰でも普段の生活の中でもできる、新たな人生を切り開く方法をご紹介します。

 内なるもう一人の心(自我)を確立させる

自分の心の中に、もう一人の自分がいると感じている人もいると思います。自分自身をみつめる心を自我と呼ぶことにします。

1つめの解決法は、自分自身をみつめるもう一人の自分(自我)を確立していくことです。

普段の生活で表れにくい奥深い心は、夢で表れてくることがあります。過去の嫌な思い出や意味不明な物語が夢で表れてくることが多いのです。

そういう夢に対しても、もう一人の自分(自我)が、「怖がってはいけない」となだめられるぐらい強い自我を確立させることが大切です。

具体的な方法をお伝えします。

一人になって過ごしていると、頭の中で嫌な思い出が表れて重たい気分になった経験があると思います。そういうときに、流れ出てくる思いや気分をじーっとみつめて、流れ出ていくまでやり過ごしましょう。

また、一人旅の散歩をしながら、自分の思いや気分をみつめるのもいいでしょう。リラックスできる音楽をききながらやってみるのも効果的です。

寝る前に目をつぶってやってみてもよいと思います。リラックスして一人になる場所でやることが大切です。

これを続け、悩みや混乱に負けずに、嫌な思い出や重たい気分に対して無関心になってくれば効果が出ています。これができてくると、自我が育ってきています。

朝方目覚めるときに、怖い夢や意味不明な夢に怖くなくなってきたら、自我が強くなっている証拠です。自我が確立してきたら、次の段階に進みます。

自分自身を許す

嫌な思い出や重たい気分になっている自分を受け入れて、許してあげましょう。

洋画の中で、教会の懺悔のシーンをイメージしてください。同じように神父の役を、自分自身でやるのです。そして、自分自身を許しましょう。

心の中の嫌な感情を取り出して表現する

心の中には嫌な感情が渦巻いていませんか?その感情を心の中にしまっておくと心を破壊してしまうぐらい大きくなってしまいます。だから、外に出していくことが大切です。

電話で女性同士が長時間しゃべっている光景をよく見かけます。これは、心の中のたまったエネルギー(嫌な思い出や気分)を出しているのです。

男性はなかなかこれができませんが、自分の嫌なことを声に出して、言葉で表現することが大切です。

少しアルコールの力をかりてもいいでしょう。音楽にのせて歌ってもいいでしょう。散歩しながらでも結構です。相手を傷つけないように楽しい気分で、言葉で表現しましょう。

言葉に出して表現することがポイントです。心の奥深いところを表現できれば、どんどん心が軽くなっていきます。

他人を許す

ここまでくると、他人の気分や考えていることが理解できるようになってくるはずです。他人も同じ心を持っているので、他人のことも理解できるようになってきます。

相手のことが分かってきたら、許せなかった人のことを受け入れて許しましょう。

許せない人を許すと、新たな関係がスタートします。人間関係が好転していき、人生が変わってきます。

相手を許すと、嫌な気分を感じなくなってきます。しだいに暖かい気分が出てくるでしょう。相手を許して、暖かい人間関係をつくりましょう。

個性と能力を伸ばしましょう

今までのことを行なってくると、自分と相手の個性と能力を感じ取ることができるようになると思います。

自分の能力をどんどん伸ばしていきましょう。そして相手の能力も伸ばしてやりましょう。

相手のことがよく理解できるようになると、連携が取れて人生が非常に生きやすくなります。いつの間にか人間関係が大きく変わり、人生が変わっていることに気づくはずです。

まとめ

5つの方法という形で話を進めてきましたが、それぞれ独立した方法ではありません。できれば順序よく段階を踏んでやっていくことを勧めます。

あなたの人生が好転することを祈っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*