小賢しい人の特徴と上手な付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「小賢しい」という言葉を知っていますか?あまり日常では使わない言葉ですが、少し前に人気ドラマの主人公が自分を小賢しいと表現していたことで、どんな意味の言葉なのかと注目されるようになりました。

ではこの小賢しい人とは、どんな人のことを指すのでしょうか。また小賢しい人がするべき改善方法や上手な付き合い方はあるのでしょうか。

今回は「小賢しい人」について徹底解析していきます。

小賢しいってなに?

そもそも小賢しいという言葉にはどのような意味があるのでしょうか。まずは、その言葉の意味から説明していきます。

小賢しいとは

小賢しいには、以下の3つの意味があります。

  • 利口ぶっていて差し出がましい。生意気である
  • 何かにつけて要領よく振る舞っている
  • 悪賢くて抜け目がない

類語には「腹黒い」「悪賢い」なんて言葉もあります。つまり小賢しいとは、良い意味の言葉ではないですね。

「あなたは小賢しい」と言われた時は決して褒められているのではなく、どちらかというと見下されているということです。また人に対しても使わない方が良いでしょう。

小賢しいとずる賢いは違う?

小賢しいよりも多く使われるのが、ずる賢いという言葉。この二つの言葉は似ているように思えますが、違う意味なのでしょうか。

ずる賢いは、知恵を悪いことに使うことを言います。要領が良く、上手く人生を切り抜けて生きている人に使われることが多いです。

褒め言葉ではないですが、見下して使う言葉でもないですね。

「次男は長男を見て育っているから、ずる賢いところがあってねー」なんてお母さんが要領のいい次男を見て言ったりするのも、それが長所でもあり短所でもあるという認識からなのでしょう。

小賢しいと賢いは違う?

賢いに「小」という文字がついて小賢しい。じゃあ少しだけ賢いということ?という疑問もあります。・・が!実際は賢いと小賢しいは正反対の言葉なのです。

賢い人は、自分のためだけでなく他人のために行動できる人です。自分の主張を持ちながら、人の主張も素直に聞き入れて吸収することができます。自分や周りをより良いものに向上させようとすることができるのが賢い人ということです。

一方で小賢しい人は、自分のことしか考えられない人です。人の主張は聞かずに、自分の知恵を押し付けるところがあります。そして自分が向上できないことの言い訳ばかりをして生きているのが小賢しい人なのです。

言うのであれば、賢い人よりも小さい人間ということで「小」が頭についたのでしょう。それが小賢しい人なのです。

小賢しい人の特徴

自分は小賢しい人?あの人は小賢しい人?なかなか「小賢しい人」を見分けるのが難しいところがあります。そこで小賢しい人に共通している特徴を紹介します。

当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

プライドが高い

小賢しい人は人一倍プライドが高いという特徴があります。人に指摘されることや、指図されることを嫌います。またかっこ悪い姿や弱みを人に見せることが苦手です。

自分の非をなかなか認めることはせず、常に自分が正しいことをしていると思っています。そのため自然とそれが態度に出てしまい、周囲の人に偉そうで上から目線な人だと嫌な印象を与えてしまうのです。

自分に自信がない

小賢しい人は、実は自分に自信がないのが特徴です。自分自身に誇れるものがなく、価値を感じることができないのです。

だからこそ、それを埋めようと必死になってしまいます。どうしたら自分がもっと上にいけるか。どうしたら人から認められるか。そんなことばかりを考えてしまうのです。

その結果、自分のことを大きく見せることにしか意識が回らずに、人を陥れてでも自分がのし上がろうとしてしまうのです。

また自信がないからこそ、利口ぶったり要領よく見せようとしてしまい、その結果周囲の人に嫌な印象を与えてしまうことになるのです。

利益や損得を考えて行動する

小賢しい人は、自分に利益や得がどれくらいあるかを常に考えて行動します。自分にとってメリットがあることは進んで行いますが、メリットがないことには興味がありません。

また人付き合いに関しても、自分にとって得になる付き合いはします。しかしなんの得にもならないと思うとその人と関わることすらしないのです。

例えば、電車で座る席がないお年寄りの方が立っているとします。特に知り合いもいない車内で、知り合いでもないお年寄り。今自分が席を譲っても得がないと思えば見ないふりをして過ごしてしまうのです。

その時に車内に知り合いがいて自分が「良い人」アピールできる。またお年寄りに席を譲ることで自分にとって利益がありそう。なんて思えばすぐに席を譲るでしょう。

なんでも自分目線で利益や得をして行動するのが、小賢しい人の特徴です。

知識を得るのが好き

小賢しい人は、自分の知識を増やすことが好きです。つまりは勉強家であり、努力家であるともいえるでしょう。

たくさんの知識が自分の武器であると信じています。人が知らないことを学んだり、人が知らないような言葉を使うことで、他人より自分は優れているという優越感に浸ることができるのですね。

読書をしたり、習い事をしたり、時間があれば自分の知識を増やします。そして増えた知識を人にひけらかして満足するのです。もう少し得た知識を上手に使えば賢い人になれるのに、それが出来ない不器用なところもあるのかもしれません。

人を分析する

小賢しい人は、初対面の人と会った時にまずその人を分析することからスタートします。

  • この人は自分にとってどんな存在か
  • この人はどんな物の考え方をする人か
  • この人は何を言えば喜ぶ人なのか
  • この人は自分より上か下か

このようなことを瞬時に頭の中で考えます。そしてそれによって対応や態度を変える傾向があるので、人によって接し方がコロコロ変わるという特徴があるでしょう。

ある人にはニコニコ愛想良くしていたと思えば、ある人には不機嫌な顔をしたり・・そんな態度や対応の変化に、周囲の人からは不信感を持たれてしまうのです。

頭の回転が早い

小賢しい人は、頭の回転が早いです。ただその頭の回転の早さは利口であることや賢いこととは違います。

「今自分がどう動けば一番良い評価を得られるか」ということに関してのみ頭が回るのです。

仕事でミスした時や遅刻をした時などの言い訳も瞬時に出てきます。例え人を犠牲にしてでも自分が良く見える方法を考えてそれを言動に移すのです。

そんな悪知恵ばかりが働いてしまうため、小賢しいと言われてしまうのですね。

小賢しい人がするべき改善方法

もしも自分が小賢しい人になってしまっている場合。少しずつあなたの周りからは人がいなくなってしまうでしょう。そして気が付くと孤独になってしまいます。

手遅れになる前に自分の小賢しさをなくすべく、改善していかなくてはなりません。そこで、ここからは小賢しい人がするべき改善方法を紹介します。

謙虚な気持ちをもつ

小賢しい人は自分が絶対だと思っているため、とても傲慢です。

人から「凄いね」と褒められれば「当たり前だ」くらいのことを返答してしまうわけです。しかし人は自分の能力や地位におごることなく、謙虚な気持ちでいることが大切です。

謙虚な気持ちとは、控えめでありつつ人の意見を素直に受け入れることです。例え自分の意見と正反対だったとしても、人の意見を聞き入れることで気付けることはたくさんあります。

100人いれば100通りの考えがある。そのどれもが正しいわけでも間違っているわけでもなく、それぞれの意見なのです。

「私はこう思う。でもあなたの考えも一理ある。」そう思えるようになりましょう。

自分が絶対!と思っていると裸の王様になってしまうことがあります。誰も間違いを正すことはしなくなり、あなたは自分の間違いを堂々と世間に公表してしまうのです。そうならないように注意しましょう。

人の分析や格付けをしない

人に会った時に、その人との関係性や損益を分析して格付けしてしまう癖がありますが、これはしないようにしましょう。

あなたが「この人は得がないし、自分より格下だ」と勝手に判断して近づくことをやめた人がいるとします。でもその人はあなたに強い影響力のある人だったかもしれません。あなたに新しい世界を見せてくれる人だったかもしれません。あなたに様々な価値観を教えてくれる人だったかもしれません。

人は近づいてみないと自分にどんな影響がある人かなんてわかりません。自分より上か下かなんて主観でしかなく、本当の意味での人の格付けなんて誰にもすることはできません。

自分の主観で分析や格付けをして、態度や対応を変えることはやめましょう。一期一会。人との出会いはすべて大切にしてください。

言い訳をしない

小賢しい人は自分の評価を下げないために、言い訳ばかりをします。言い訳をすることで、責任逃れをし、自分ができないことを正当化しようとするのです。

例えば、大きな仕事を任されたとします。そんな時、すぐに自分の逃げ道を作るための言い訳をします。

「仕事はしたいのですが、今抱えているプロジェクトも凄く大変で・・。〇〇さんがもう少し手伝ってくれると良いのですが、今はほとんど一人でやっているので。」

そうです。自分のためなら他人を平気で陥れたりもします。

しかしこのような言い訳ばかりに頭を回していても、自分は何も成長しません。評価は下がる一方です。

言い訳をする前にまずは行動してみましょう。そして人のせいにすることもやめ、自分に起こることの全責任は自分にあると思って過ごしてみましょう。

気持ちや空気を読む

自分の気持ちばかりを優先させて、人の気持ちや場の空気を読まないことが多くあります。これでは周囲から人は離れていってしまうでしょう。

  • 自分がどうしたいか
  • 自分がどう見られているか

それももちろん大切です。しかしもっと大切なこともあります。

  • この人がどんな気持ちか
  • 今この場でどうするのがベストなのか

その時一緒にいる人の気持ちやその場の空気を読むことです。その人の立場になって物事を考えると、見えてくることやわかることがたくさんあります。

自分中心に世界が回っているという気持ちは捨てて、人との繋がりをもっと大切に過ごすようにしましょう。

上から目線にならない

自分の知識や経験をつい上から目線で偉そうに伝えてしまうのが小賢しい人。この上から目線は聞いている人を不快にさせてしまいます。

意見を述べる時は「あくまで私の考えなんだけど・・」と偉そうにならないように伝えるようにしてみましょう。そして自分の意見を聞き入れてくれた時には「聞いてくれてありがとう」と感謝してください。

また同時に人の意見も否定することはなく、意見を聞かせてくれたことに感謝をしましょう。そして素直にその意見を聞き入れるようにすると良いですね。

意味のないことはない

世の中には損にも得にもならないようなことがあります。それでも意味のないことは一つもないのです。

例えば、ボランティア活動をしている人。このボランティアには利益はありません。無償で活動しています。特に得も損もないでしょう。

それでもボランティアをしている人が多いのはどうしてか。それは意味があることだからです。活動することで得ることができる出会いや発見、経験はたくさんあります。それは生きている中で意味のあることなのです。

全ては損得だけで区分されることだけではないということを念頭におき、意味のないことでもやってみるという気持ちを持つようにしましょう。

小賢しい人との上手な付き合い方

あなたの周囲にも小賢しい人がいるかもしれません。小賢しい人は気難しく、なかなか上手に付き合うことができなくて困っているのではないでしょうか。

そんな小賢しい人と上手に付き合うための方法を紹介します。

上手く味方につける

小賢しい人は、できれば距離をおいておきたい人物だと思います。しかし上手く信頼関係を築くことができれば強い味方になることもあります。

味方につけるためには、まずは見下されないことと見下さないこと。小賢しい人と対等の立場になることが大切です。

また小賢しい人は、自分にとって得になると思った人とは良い関係を築こうとします。つまり自分と付き合うことで得があることもアピールしておくと良いでしょう。

そうして味方につけることで、自分が困っている時には思わぬ小賢しさで救ってくれる時もあります。あからさまに遠ざけるようなことはせずに、敢えて足を一歩踏み入れて小賢しい人の心に突入してみると良いでしょう。

真に受けない

小賢しい人は、自分の主観で自分に利益や得が出るように物事を進めていきます。そんな小賢しい人の主張をいちいち真に受けてしまうと、あなたは小賢しい人にとって都合のいい駒になってしまいます。

小賢しい人の言うことは真に受けずに、さらりと流してしまいましょう。ただし相手を否定してプライドを傷つけるようなことはしないようにしてください。相手の意見を聞き、同意をしつつ、自分の意見もきちんと主張します。

「私はあなたを否定も肯定もしない」その意思だけは伝えておくと良いでしょう。

敢えて強気にでる

小賢しい人は自分に自信のない人が多いです。偉そうに発言していても、実は人にどう思われているのかと内心ビクビクしているものです。

そこで小賢しい人が偉そうに発言した時に、敢えて強気に出てみるのも良いでしょう。

「それって間違っていない?」とプライドをへし折ってしまうのです。

いつまでも周囲が気を遣っておだてているようでは、その人は何も変わりません。より偉そうになっていくだけです。

誰かがどこかでそれをストップさせてあげることも必要です。違うと思ったことには、強気にそれを伝える。思いっきり否定するのです。

否定されることが少なかった小賢しい人にとっては衝撃的なこととなり、自分を改めるきっかけになるかもしれません。

とりあえず褒めておく

小賢しい人は、自分を利口に見せたいという思いが強くあります。そのため自分の持っている精一杯の知識を人に話そうとします。

聞いている方はなんとも面倒なことですが、それでも最終的に「凄いね」と褒めれば満足してくれます。面倒ですが、小賢しい人の自慢を最後まで聞いて笑顔で褒めておきましょう。

それ以上は、あまり深入りせずに一定の距離を保って付き合うようにすると良いでしょう。

まとめ

小賢しい人は嫌われる?特徴&改善方法&上手な付き合い方を徹底解析しました。

こうして分析してみると、小賢しい人って実は周りに結構いるものです。なんかモヤモヤしていたけれど、「小賢しい」という言葉を聞いてしっくりした!という人もいるのではないでしょうか。

タイトルの結論。小賢しい人は嫌われる?それは・・嫌われます。自分が小賢しい人になってしまっていると気付いたら、すぐに対処すべき改善方法を実践してください。

また周囲に小賢しい人がいるという場合は、上手に付き合って自分が振り回されないようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。