めんどくさい人の特徴と対処法5つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつでもどこでも老若男女問わず、めんどくさい人というのは存在します。関わってもロクな事がないし、何とか避けて通りたいですよね。

そして、気づかぬ間に自分が「めんどくさい人」の仲間入りをしてしまっていることも避けたいものです。

この記事ではめんどくさい人に遭遇した時の対処法、そして自分がその仲間にならないための方法をご紹介します。

めんどくさい人の特徴

まずは、めんどくさい人の特徴を挙げていきましょう。あなたの身近なめんどくさい人は、この特徴に当てはまってはいないでしょうか?

また、自分にこういう所はないだろうか…と考える事で、自分自身がめんどくさい人になることを防ぐ事ができます。

1.まず否定から入る

めんどくさい人は、とにかく否定します。しゃべり始めの単語が「いや、それは…」とか「でも…」などであることが多いです。

特に充分な知識や自分なりの意見がある訳でもないのに否定するので、話の内容は非常に薄っぺらいです。聞いているだけでもダルくなり、時間の無駄にしかなりません。

2.自分が話したいだけで、聞かない

めんどくさい人は、人の話を聞きません。自分の話を聞いて欲しいだけです。

仮に「あなたの所はどう?」と一見こちらに興味があるような質問をしたとしても、こっちが答えてる途中で話に割り込み、結局は自分の話になるように持っていきます。

その話が多少でも面白ければ救いがありますが、自分が喋りたいだけの人の話は、たいてい面白くありません。

3.人の都合は考えない

自分中心の考えになりがちなのが、めんどくさい人です。他人は自分の都合にあわせて当然だと思っているし、すべての人は自分と同じスケジュールや時間感覚で生きていると思い込んでいます。

そして人の都合を考えずに物事を決めてしまう割には、自分の都合を考えてもらえないと不平不満を言ったり怒り出したりします。自分がされて嫌な事を、人には平気で出来るのです。

4.とにかく構ってほしいだけ

自分の話をしたいだけ・人の都合は考えないに通じますが、とにかく構ってほしいだけというタイプのめんどくさい人は多いです。

愚痴や相談は「構ってほしいだけ」の口実なので、真面目に聞いたりアドバイスをするだけ損です。

構ってほしいだけの人は別に解決なんかしなくていいので、アドバイスなんて聞きません。ずっと同じことで文句を言いつづけます。

5.「自分だけは大丈夫」と思っている

めんどくさい人がめんどくさい人たる所以は、「自分がめんどくさい人だと気づいていない」ところです。

仮に誰かが嫌味で「〇〇な人って困るわよね」と言い、それが自分にぴったり当てはまっていても気づきません。

いつでも「自分だけは大丈夫」と信じています。もしくは、自分が困る人の特徴に当てはまったとしても「自分も同じことをするけど、自分だけは許されている」と思っています。とにかく反省も改善もしません。

めんどくさい人に遭遇してしまった時の対処法

気の合わない人が近くにいたとしても、自分に害を及ぼさなければそんなに気にはなりませんよね。しかしめんどくさい人は、グイグイとこちらに関わってきて実害を与えてきます。

次は、できるだけめんどくさい人の被害に遭わないための対処法を挙げていきます。

1.興味のない話は聞かない

めんどくさい人は自分の話を邪魔せず聞いてくれる人が好きなので、黙って聞いていると一人で30分でも1時間でも喋り続けます。

興味のない話は、適当にさえぎって切り上げてしまいましょう。それを何度も繰り返していると、だんだん話しかけてこなくなります。

2.どうでもいいことを同意しない

別にYESでもNOでもないことに「まあそうですね」などと適当に同意してしまうと、めんどくさい人がYESだった場合に「仲間だ」と勘違いされてしまいます。

めんどくさい人は仲間意識が高いので、一度仲間だと思われてしまうとベタベタと近づいてきます。

どうでもいいことは「どうでもいいです」と言いましょう。

3.はっきりと断る

同意とは逆に、嫌なことをはっきりと断らないのもめんどくさい人を助長させます。

めんどくさい人はすべて自分の都合のいいように考えますので、はっきり「NO」と言われない事はすべて「YES」でとらえます。

嫌なことは「嫌です」とはっきり伝えましょう。嫌だということを無理やりやってくる場合は、周囲の人か権力のある人に相談しましょう。

めんどくさい人は、権力のある人に弱い傾向にあります。

4.必要以上に関わらない

そもそもめんどくさい人とは関わらない事が一番の対処法なのですが、同じ職場だとか子供が同じ学校だとかでどうしても関わらなければいけない時もありますよね。

そういう時は、必要事項だけの連絡と返事をしましょう。

たとえばめんどくさい人がメールなどで、100のうち40%が業務連絡・残りの60%が雑談の内容を送ってきたとします。

これに対し、あなたは40%の業務連絡についてのみ返事をすればいいのです。

あまりにも無視は角が立つなと思うのであれば、雑談60%のうち10%程度の返事をしましょう。

雑談部分にすべて反応していると「聞いてくれる」と思われてエスカレートします。

めんどくさい人とは、必要事項や業務連絡だけをやり取りすればいいのです。

5.夢中になれることを探す

めんどくさい人は、自分にちゃんと相手してくれる人を探しています。自分の相手をしてくれる人とは、時間がある人=要するに“暇な人”です。

暇な人だと思われているから、めんどくさい人は近づいてくるのです。めんどくさい人が近寄ってこないような、夢中になれる何かを探しましょう。

あなたが忙しくしていれば、めんどくさい人は諦めて他のターゲット(暇そうな人)を探します。

「めんどくさい人」は伝染する

たとえばめんどくさい人につきまとわれてイライラしている事を、友人や家族などに愚痴るとしますね。

もしも毎日そのめんどくさい人の愚痴を話していたら、あなたも立派な“問題を解決しようとしないで愚痴ばかり言っているめんどくさい人”の仲間入りです。

めんどくさい人とは、伝染するのです。自分もめんどくさい人になってしまう前に、早々に関係を切る事をおすすめします。

あなたが好きなことや夢中になれることに没頭すれば、めんどくさい人はすぐいなくなります。な

ぜなら、めんどくさい人はキラキラしている人が苦手で、カサカサしてどんよりしている場所や人を好むから。

めんどくさい人を寄せ付けないために、ぜひキラキラ輝けるあなたになって下さいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。