メラビアンの法則でコミュニケーション上手になる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メラビアンの法則ってご存知でしょうか?メラニアンの法則、メーラビアンの法則など、呼び方はいろいろあるのですが、聞いたことある方もいるのではないかと思います。

この法則を使えば、恋愛、就活での面接、仕事などでの対人コミュニケーション力を大きく向上させることができます。今回はメラビアンの法則の意味と実用例をご紹介します。

メラビアンの法則とは

この研究は好意・反感などの態度や感情のコミュニケーションについてを扱う実験である。感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、人の行動が他人にどのように影響を及ぼすかというと、話の内容などの言語情報が7%、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%の割合であった。この割合から「7-38-55のルール」とも言われる。「言語情報=Verbal」「聴覚情報=Vocal」「視覚情報=Visual」の頭文字を取って「3Vの法則」ともいわれている。

つまり、対人コミュニケーションにおいて、最も大切なことは、表情などの見た目が大切ということです。見た目が9割という言葉もお聞きになったこともあるかもしれませんが、この法則から来ていると言われています。

メラビアンの法則の落とし穴

実はこの実験は、言語(話す内容)、聴覚情報(口調や話すスピード)、聴覚(表情、見た目)などがバラバラになって矛盾が起こっている状況のときに、どの情報が最も影響を与えるのかについて実験されたものです。

ですから、とにかく表情や見た目だけをとことん磨けば、話す内容や口調などは関係ないか?と言われるとそうではないわけです。

実際の生活でも、どれだけ表情や見た目が良くても、話している内容がチグハグな人がいたら、その人のことをどう感じるでしょうか。おそらく信頼できないと思います。したがって、とにかく見た目や表情だけ磨いていく、ということは間違いなのです。

メラビアンの法則でコミュニケーション能力をアップする方法

大切なことは、これらの3つの情報(話の内容、話し方、表情)を矛盾させずに、しっかり相手に伝わるようにすることです。そして、特に気を付けなければ、いけないのが表情や見た目です。

たとえば、言葉で「楽しい!」と言ってはいるものの表情が暗い人っていますよね。言葉と表情が矛盾している場合は、人は表情など見た目をもっとも重視して、その人の気持ちを判断しますから、みんなから「つまらないんだな」とばれてしまうわけです。

だから、表情には特に注意しましょう。表情だけ矛盾しているときに、話している相手には悟られてしまっている可能性が高いです。

話す内容と口調と表情を一致させていくことが大切です。つまり言動一致させることが最もコミュニケーションにおいて大切だということです。言葉でどれほど言っても、行動が矛盾していれば、相手には言葉で伝えた情報を信じてもらえないのです。

メラビアンの法則を仕事で活用する

嫌な仕事を振られないようにする

よ誰かにお願いを頼まれたとき、嫌だけど、どうしても断れないときってありますよね。直接断ると角が立つ場合もあれば、相手が上司で適切な理由がみつからず、そもそも断ることができないことだってあると思います。

そんなときは、「いいですよ~」といいながら、表情で「嫌だ。乗り気がしない。」ということを出していきましょう。言葉(=言語情報)でYESと伝えても表情(=視覚情報)でNOと伝えるのです。

もっとも相手に影響を与えるのは視覚情報ですから、「この人はこの仕事やりたくないんだなぁ」と言葉で伝えなくてもだいたいの人は察してくれます。

そうすると、相手には「この人やりたくないんだなぁ。お願いしづらいなぁ」といなっていき、次回からはその仕事が依頼しずらくなります。嫌な仕事をどうしても断れないときは、言葉ではYESといい、表情ではNOを伝えていきましょう。そうすれば、きっと嫌な仕事を頼まれることも減っていきますよ。

チャンスを逃さないコミュニケーション術

ただし、逆もしかりです。たとえば、何かをお願いされたとき、本当はやりたいことなんだけど、別の理由が頭の中をよぎってちょっと迷ってしまう場合もあります。

その瞬間、表情が固くなってしまい、相手は、この仕事をお願いされたくないんだなと勘違いされてしまい、「今後は別の人にお願いしよう」となってしまうことになるかもしれません。

そうなると、せっかくのチャンスをミスミス逃してしまうことにつながります。相手に誤解を与えないためにも、話の内容と、話し方、そしてなにより表情を一致させるように意識していきましょう。

メラビアンの法則を恋愛で活用する方法

それほどかわいくもないのに、とってもモテる女性がいます。そういう女性たちはなぜモテるのかというと、男心をわしづかみにするコツを分かっていて実践している場合が多いです。

たとえば、一緒に遊んでいるときを想像してください。女性が言葉で「一緒にいると楽しい!」と言ってくれて、表情を見ると、本当に楽しんでいるようにしている。笑顔がキラキラしている。

このようにポジティブな言葉をかけてくれて、その話し方がかわいくて、しかも表情もニコニコだったりすると、それだけでだいたいの男性はノックダウンして、メロメロになってしまいます。

たとえそれほどかわいかったりキレイではない女性でも、男性はドキッとしてしまうものです。「すごい一緒にいて楽しいなぁ。もっと一緒にいたいなぁ」と思ってしまうのです。

男性のスーツは3割増しといいますが、女性の笑顔も3割増しといえるでしょう。

ただし、この法則は使いすぎると女性から嫌われるので要注意です。普段との態度とギャップがありすぎると、「男性といるときは、猫をかぶっているのに、素になると全然違う。。。」という悪評が立ちかねません。

まとめ

コミュニケーションは言葉だけで成立するものではないということを、意識するだけで人とのコミュニケーションがとっても豊かになります。

視覚コミュニケーションである表情は意識しないと、話している内容と矛盾してしまうことがよくあります。だから、自分の表情に意識してコミュニケーションしていくと、もっと人といい関係性を構築できるようになるはずですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*