仕事が続かない!原因と仕事を続けるための心の持ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「仕事が続かなくて困っている」という人たちは多くいることでしょう。

何度も職場を変えたけれど、だめだったり、もうどうしていいか分からないという声も聞こえそうです。

周りからは「仕事が続かない人」と思われていそうで嫌な気分になる人もいることでしょう。今回は仕事が続かない原因と仕事を続けるための心の持ち方をご紹介していきますね。

「もう無理だ」と諦めている人も、諦めないでくださいね。必ず道は開けるはずですよ。

本当にやりたいことではない

そもそも、仕事が続かない原因はその仕事が「本当にやりたいことではない」からなのではないでしょうか。そんな風に考えたことはありますか?

「いやいや、そんなこと考えたことなかったよ」という人も多いかもしれませんね。

ここは盲点といってもいいかもしれません。それほど、人は今目の前で自分がやっている仕事が本当にやりたいことなのか深く考えないものなのです。

どうして深く考えないかと言えばそれがやりたい仕事でないと気づくことが怖いからかもしれません。気づいてしまえば、またやめたくなってしまうからです。

でも、一度考えてみてください。その仕事は本当にやりたくてやっている仕事でしょうか。もしそうでないならば、それが仕事をやめたくなる原因になっているのかもしれません。

じっくり、見つめなおしてみてくださいね。

自分に自信がないから

もしかするとあなたは自分に自信が持てずに悩んでいませんか?それが仕事が続かない原因の一つかもしれません。

どういうことかというと、仕事をする上で自分に自信が持てない場面が多いのでいつも不安にかられているということです。

そんな状態では、苦しくて仕事が辛すぎますよね。ですから、その不安から逃れるために仕事を辞めているということです。それがあるから、仕事が続かないわけですね。

もし、自分に自信があって仕事するときも自信に満ちていれば、不安に襲われることもないので仕事が続かないことはないかもしれません。

それだけ、「不安」という感情があなたに与えるダメージが大きいということなのですね。思い当たることはありませんか?

頑張りすぎているから

また、日ごろ仕事を頑張りすぎているから続けられなくなるということも原因の一つとして考えられます。

多くの人はうまく気を抜きながら仕事をしています。「まぁここは適当でいいな」と力を抜く部分が分かっており、力を抜くことができるのです。

しかし、頑張りすぎている人はそれができません。そのため、常に気を張って頑張りすぎている状態が続くので、人よりもどっと疲れが出てしまうのです。

その疲労をため込んだすえに、続かなくなってしまうのではないでしょうか。自分は仕事モードに入るととことんやりすぎてしまうな、という人は要注意ですよ。

仕事を続けるためにはゆるいメンタルでいこう

では、仕事を続けるためにはどうしたらいいのでしょうか。それは「ゆるいメンタル」で臨むことです。

常に「よし!頑張るぞ!」と力を込めて頑張っていては、疲れてしまうのも早くなります。そうではなく、「ま~今日中にできなくてもなんとかなる」くらいのゆるいメンタルを持っていると、気持ちもとても楽でいられるのですよ。

これができれば、仕事もゆるやかに続けることができるのではないでしょうか。

仕事が続かなくても自分はOKな存在

よく「仕事が続かないのはだめだ」という年配の人たちがいます。でもこれは、無視していいのです。

そもそもどうして、仕事が続かない=だめになるのでしょうか。良く考えてみると、変だな?と思いませんか?

欧米などでは仕事を長く続けることの方が「不思議」と言われることもあるくらいなのです。しかし、日本ではいまだに一か所で長く続けることを良しとしています。

これを聞くと「なぜ、私たち日本人は仕事が続かないくらいでダメと言われなければいけないのだ」という気持ちになる人もいることでしょう。そうなのです。それくらい、この言葉はなんの根拠もないのです。

仕事が続かなくたって、あなたは素晴らしい存在です。仕事が続かなくたって「OK」な存在なのです。仕事が続く、続かないで人の価値は測れるものではありません!そこは自信をもってくださいね。

そして「仕事が続かなくても私には変わらない価値があるんだ」と強気でいていいのです。

言いたい人には言わせておけばいいだけの話ですよ。苦しくなったときはいつでも「自分はOKなんだ」と心に言い聞かせてあげてくださいね。

まとめ

仕事が続かない原因はいくつか考えられますが、その人それぞれで違うと思います。自分に当てはめて「これかな」というものがあれば対策を考える糸口になることでしょう。

また、仕事を続けるためにはゆるやかなメンタルで、そして自分はOKなのだという気持ちを忘れずにいてくださいね。きっと、あなたに合った仕事を続けられる日が来ることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。