夢占いで「食べる夢」の意味12選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べる夢は、あなたが自分自身をどのように思っているか、また愛や人生を豊かにするものへの渇望を示していると言われています。

食べる夢を見たときは、何を食べたかをそのシチュエーションとあわせて覚えておくことが重要です。

例えば食べ物を美味しく食べていたとしても、一人ぼっちで食べていたのなら、それはあまり良い意味ではないでしょう。また、食べ物の質や量にも注目してください。

それでは食べている状況や、食べたものの種類別に見ていきましょう。

誰と食べる夢?

他の人と一緒に食べる夢

他の人と一緒に食べる夢は、社会的・個人的な生活における幸福を意味しています。

ただ、一緒にいる相手に関わらず、もし食べているものが腐っていたり不味い食べ物であったりした場合は、近い将来に困難にぶつかる可能性を示しています。

もしも大勢で美味しいものを食べていたなら、近いうちに幸せや運気、健康などを期待できるでしょう。ただ、普段一人で行動することが多い人には、他の人との交流を示唆しているとも言えます。

一人で食べる夢

一人ぼっちで食べる夢は、憂鬱感や疎外感、何かを失うことを意味します。社会や家族のつながりからの疎外感を抱いているのかもしれませんね。

そのときに食べているものは、自分の何に対して悩んでいるのかを考えるヒントになるはずです。

どれくらい夢の中で食べた?

食べる量に関する夢はあなたの気持ち的な満たされ具合や現実での充実感を示しています。

食べるのを拒んでいる夢

もう食べたくないと思い拒んでいる夢は、これ以上満たされることを求めるよりも他人に頼らずに自立することを望んでいることを意味しています。

一方、食べ物の選り好みをしている夢は、あなたが何かを隠し、言えずにいることを示しています。

食べ過ぎる夢

もしあなたがダイエット中ならば、食べ過ぎる夢は現実の世界で満たされていない食生活を夢の中で満たそうとしているのかもしれませんね。

食べ終わる前に片づけられてしまう夢

食べ終えていないのに片づけられてしまう夢は、あなたか家族などあなたの保護下の人が原因で問題を抱える可能性を暗示しています。

何を食べる夢?

夢の中で食べていたものはあなたの生活における愛や友情、希望や性的欲求を意味します。夢の中で何を食べていたかによって、自分の欲求を満たすものが何かを推察することができます。

パンを食べる夢

パンとは文化や宗教を超えて広く食されているもので、夢では「栄養」への欲求を意味するものです。「栄養」とは単純に食べることで得る栄養ではなく、精神的な支えなどの人生を豊かにするもの全般を含みます。

パンの夢を見たら、身体的・精神的により良く生きるために何が必要かを改めて考えてみると良いでしょう。

肉を食べる夢

肉を食べる夢は、あなたが今直面している問題の核心に近づきつつあることを暗示しています。もしくは、あなたがまだもがいていることを、他の人が達成しつつあるのを目の当たりにしているのかもしれません。

一方で、あなたが食べている肉がもし豚肉の場合、あなたがこれから現実でのトラブルに見舞われることを暗示しているので気を付けてください。

魚を食べる夢

魚を食べる夢は、あなたの信念や思い、運やエネルギーなどを意味します。予期せぬ良い知らせに見舞われるかもしれません。

イカを食べる夢

イカを食べる夢は、あなたが自分の気持ちをクリアに理解していて、正当な手段でそれを言い表せていることを示します。

また、魚の目玉を食べる夢は、あなたの視野を広げる必要があることを示しています。また、もしもその目玉が異常に大きい場合は何かの事柄におけるあなたの視点が正しくないことを暗示しています。

野菜を食べる夢

夢での野菜は、シンプルで健康に暮らしたいというあなたの生活に対する望みを意味しています。野菜を食べる夢は、長い間抑圧されてきた環境を壊して自由になりたいという欲求を示しています。

逆にあなたが一つの場所に長く留まるタイプでないのなら、そろそろ根をおろして落ち着くことで健康な生活ができるという示唆にもなります。

フルーツを食べる夢

夢でのフルーツはあなたが素晴らしい精神と自己意識を持っていることを示しています。例えば、リンゴを食べる夢はあなたが現在身体的に健康であることを意味します。

ただ、レモンやオレンジのような柑橘系を食べる夢は概して良い意味ではありません。レモンは憂鬱や失望を、オレンジは友人や親せきの病によりあなたが心配することを示します。

現状を受け入れ、大変な時期が過ぎることを待ちましょう。また、イチジクやチェリーは性的な欲求への意味合いを強く持ちます。

おやつを食べる夢

おやつを食べる夢は、大きな負担ではないもののあまり喜ばしくない雑務や面倒事に見舞われることを示します。それがデザートならば、後ろ暗い喜びや隠された罪悪感を意味します。

もし夢の中であなたがおやつを完全に一人で食べていたなら、不必要な困難やロスに直面することでしょう。

一方で、和やかなムードで味見をしているような状況であったなら、ビジネスでの成功を暗示していると言えます。

まとめ

一口に何かを食べている夢を見たと言っても、美味しかった、不味かっただけではなく、何を食べたか、誰と食べたか、どれぐらい食べたかなどによって意味が大きく違ってきます。

大勢で美味しいものを楽しく食べていたのであれば、それは良い暗示であると捉えてよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*