浮気・不倫が発覚した時の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パートナーの浮気を発見してしまったとき、頭の中が真っ白になって、崖から突き落とされたような衝撃を受けます。

まさか自分の夫が浮気するなんて、夢にも思わなかった、、、なんて人のほうが多いはず。

どうするべきなのか、パニックになってしまい、思考回路もうまく回らなくなってしまう人も多いです。

しかし、ここで焦ってあまり考えずに行動すると、泥沼に陥ってしまうことも。

こんなときだから、深呼吸して、落ち着いて行動するよう心掛けることが大切です。

相手を問い詰める前に、ちょっと待って!

相手が言い逃れできる余地がないか?

浮気が発覚したといっても、どの程度証拠をつかんでいるかは人によって違います。

たとえば、怪しいLINEやメールを見てしまった、というものから、ホテルに行くところの写真を持っている場合まであります。

発覚した時に、あなたがどれくらい情報を持っているかによって、実は対応が変わってくるのです。

たとえば、LINEで、異性と定期的に会っていることが発覚した場合を考えてみてください。

相手に問い詰めたとしても、「仲いい友達だから!本当に何にもないんだよ!」と言われると、もうこれ以上相手を問い詰める方法が残されていません。信じるか、疑い続けるのかどちらかです。

もしかしたら、そのことは本当のことかもしれないし、実はバレなくてよかった、とホッとしているかもしれません。

もし後者で、本当は浮気していたのに、間一髪バレなかったということだとしたら、どうでしょう?

別れてくれるのではないか、と期待したいところですが、相手は「あなたに気づかれないように」綿密に関係を継続していく場合のほうが多いのです。

だから、本当に浮気しているかどうかが中途半端な状況で、相手を問い詰めると、シッポを逆につかめなくなってしまうリスクがある、ということ認識しておいてほしいです。

場合によっては泳がせる、ということも大事だということを忘れないでください。

自分がどうしたいのか?考えの軸を先に考えておく。

具体的には、関係修復をしていきたいのか、それとも別れるのか、自分がどうしたいのか大きな方針は決めておくことが大切です。

相手からの本音を聞いてから考える、もちろんそれも大切なことなのですが、相手の本音が聞けるかどうかなんてわからないですし、相手の態度を基準にあなたの行動を考えると、振り回され続けるのがオチです。

だから、あなたとしては、現時点での気持ちはどうしておきたいのかを自分の心の中で第一弾の考えを整理し得ておくことが大切です。

話し合いで注意するべき3つのこと

浮気をしていた場合は、もう即別れると決めている場合は、証拠をつきだして、必要な手続きを踏んで別れればいいだけです。

でも、そうではない場合がほとんどですよね。

しっかり話をして、事実関係を確かめて、今後についてどうするのか決断をする必要があります。

話し合いをする際にも注意してほしいことがあります。

自信を失わない

浮気されると、自分が否定されたかのように感じて、自分自身に自信がなくなってしまう場合もあります。

相手が浮気をしたのはあなたに魅力がないからではないのです。

ただ、別の誘惑がそこにあっただけです。

魅力がないと思い込んでしまうと、自信がなくなってしまい、パートナーとの話し合いに悪影響を及ぼしてしまいます。

パートナーが浮気したこととあなたの魅力は全く関係がありません。だから、強く自信をもって話し合いに臨んでほしいです。

怒りをただぶつけることは得策ではない

パートナーがあなたとの関係を継続したいと思っている場合、頭に血が上って、カッとなって怒りをただぶつけてしまうことも多いですよね。

ある程度は仕方ない部分はあると思います。

でも、やりすぎると、あなたの怒りに対して、パートナーが嫌気すらさしてくることがあるのです。

浮気された側からすると、責められるべき人だから、そんなの受け止めるべきだ、と考えがちなのですが、それが度を越えてしまいがちだからです。

また、人は責められれば反発したくなる生き物です。

どれだけ自分が悪い、と思っていても、責められれば素直に反省できないものなのです。

だから、あまり責めすぎないように意識したいものです。

反省したくなる言い方とは?

パートナーがあなたとの関係を継続したいと思っている場合、怒りをただぶつけられるよりも、「あなたには本当に呆れた。信じてたのに、そんな人だとは思ってなかったから本当に残念。その人と幸せになれば?」と突き放されるほうが、よほど危機感を感じます。

なぜなら、もし、怒り心頭で怒られているときは、自分に執着しているんだな、この人は自分から離れることはないな、と思って、安心するさせてしまう場合があります。

ところが、あなたが、離れていってしまうかもしれない、ということが分かるとパートナーは猛烈に焦るのです。

あなたを失うかもしれない、という恐怖感の中のほうが、パートナーはあなたに真摯に向き合ってくれます。

ただし、これをやるときは貴方も、最悪別れるという覚悟がないといけません。

覚悟がないままやってしまうと、相手に見透かされてしまうからです。

さいごに

浮気されたときの対処としては、「冷静に」そして「気高く」が大切だと思います。

真逆の姿勢になると、どんどん事態は悪化していき、解決からは遠のきます。

難しいとは思いますが、演技だとしても、「冷静に」「気高く」対応するべきです。

あなたの人生が開けていきますように。応援しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*