男性が浮気・不倫をする4つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚はとても華やかなものです。結婚を報告した時は家族や友人はとても喜んでくれた筈です。結婚式の時は旦那さんや奥さんは幸せ一杯だった筈です。

しかし、結婚はゴールではないです。結婚はスタートなのです。

その先、幸せな結婚生活を送る人もいれば、浮気などが原因で離婚をしてしまう人もいます。

今回は離婚に繋がりやすい浮気・不倫について、どうして人は浮気や不倫をしてしまうのか、男性目線からその理由について書いていきます。

奥さんに対する愛情が無くなった

浮気をどうしてやってしまうのかと言いますと、奥さんに対する愛情が無くなってしまった事が1番の理由です。

お互いに信頼関係が出来ていれば、旦那さんは他の女性の元へは行かずに、奥さんの元に帰ってきます。

しかし、夫婦生活を長らく行っていくなかで、お互いの価値観の相違などが生じてしまい、相手に対しての愛情が無くなってしまう場合があります。

そうなると旦那さんは「家に帰ってもストレスになるだけだから外にいよう」と風になってしまい、結果的に、外で女を作ってしまい浮気をしてしまうのです。

それでは、どうすれば旦那さんの浮気を制御する事が出来るのか。

旦那に浮気をさせたくないのならば、奥さんは「家に帰ってくるメリット」を旦那さんに与えなくてはなりません。

もし、旦那さんが会社から疲れて帰ってきて、奥さんが不愛想な態度を取ってしまったり、家事洗濯などをしっかりしていないと、旦那さんは「疲れて帰ってきているのにコレかよ。自分の事を愛していなんだな」と感じてしまい、家にいたくなくなります。

それとは逆に、旦那さんが会社から疲れて帰って来たら、奥さんが笑顔で玄関まで出迎えてきてくれて、愛情いっぱいの手料理が用意されていたら「嫁はここまでやってくれているんだ。裏切らないように頑張ろう」と感じてくれます。

外にいるよりも家にいたほうが幸せと感じさせられるようにする事で、旦那さんの浮気は制御できるのです。

異性にモテてしまう

たくさんの女性からモテてしまう男性は世の中にはいます。

例えば、顔が物凄くイケメンだったり、性格が物凄く魅力的だった場合は、職場の女性などからアプローチされてしまう場合があります。

旦那がモテモテなのは、奥さんからしたら鼻が高い事ですが、モテモテなのが原因で、浮気まで発展してしまっては元も子もないです。

好意を持ってくれている女性がいると「まあ、奥さんにバレなければ良いかな」と感じてしまい、そのまま不倫をしてしまう場合があります。

女性が多い職場などは不倫相手が出来てしまう可能性が男性だけの職場よりも上がってしまいます。男性ばかりの職場だったら、仕事が終わったらそのまま男性の同僚と居酒屋に寄って終わりなどになります。

しかし、女性の多い職場だと「〇〇さんお疲れ様。一緒に食事行きませんか?」と女性の同僚に誘われて、食事をしている際に相手と意気投合をしてしまい、そのまま関係に発展してしまう可能性もあります。

不倫をするという事は不倫する相手がいるという事。それならば、女性がいない職場なのが1番安全です。

男性の本能

男性には子孫繫栄を行いたいという本能があります。その為に、結婚しているのに、浮気をしてしまう男性がいます。

しかし、本能は理性で制御できます。本能に負けるか、理性が勝つか。そこは旦那さん次第です。

もし結婚してから旦那さんとキスなどのスキンシップをしていない場合、旦那さんが欲求不満に陥ってしまっている可能性があります。

たまにはお互いにイチャイチャしてみるのも、お互いの愛情を再確認するのには大切な事です。

大の女性好き

世の中には女たらしの男性がいます。結婚をしているのにも関わらずに、合コンに参加したり、女性をナンパしてしまう男性も実はかなりいます。

女性が好きなのは健全な事ですが、まともな男性ならば理性が働いて、奥さんの為に他の女性には手を出しません。

しかし、性欲を理性で抑えられない人がいるのも事実です。なので、女好きな男性かどうかは、結婚する前の交際時に見極めるのが大事なのです。

まとめ

浮気に関しては、不倫を行ってしまう人が十中八九悪いのですが、奥さんにも原因がある事もあります。

もし旦那さんが浮気をしてしまった場合「自分にも原因があるのではないのか」と一度考えた方が良いです。もちろん、旦那さんが大の女好きのように、奥さんが全然悪くない例もあります。

浮気をさせない為には、旦那さんが家に帰りたくなるような家庭づくりが大切です。

その為にも、奥さんは満面の笑顔や美味しい料理などで、旦那さんを裏切させないようにすることが大切かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*